イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



カテゴリ:和の催しevent( 29 )


【ozoneクラフトマーケット前期】素敵な作家さん

 お友だちとすてきなモノ探しにいってきました
昨年 モチーフがかわいい型染め作家さんバネポーチを
買いましたが、柄違いを友だちがデジカメ入れとして購入
わたしは大きい袋なら欲しかったけど 制作されていなくって残念!
ヤマダ マリコさんの作品 次回に期待しています

お茶のお稽古のときに指輪などアクセサリーをはずすので 小さながま口
を探していました
留め金もかわっていて  奈良公園の鹿?という北欧チック&和テイスト着物地で
裏地は黄緑色のスウェード やられちゃいました
あまりにかわいいので今度は同じ生地でバックをお願いしようと思います
*sova* イシカワ カオルさん
b0080184_14593547.jpg


ビーズワークの素敵なモチーフ
ヒラタクワガタ 蛸 とか昆虫たちが バッチや袋ものなどに
昆虫アイテムだいすきですし ビーズの色合い デザインがすばらしく
欲しいと思いましたが やっぱり私の使いやすいサイズがなく
後日オーダーしてみようと思っています
OPTIMIST
b0080184_1543664.jpg


彫刻で立体表現をしている
*伊藤園子さん
すこしどよ〜んとしたファンタジーな世界 
色づかいや表情が素敵です
ステッカーとポストカードでがまんしました
ほしい りんごなの?ドクロなの?っていう少しメキシカンなこたち
b0080184_1512573.jpg

[PR]
by chapahana | 2007-04-27 15:16 | 和の催しevent

【さくらの絞り染め〜帯揚げ】花想蓉

 さくらの季節も関東は終わりました
少し前になりますが ちょうど桜も咲きはじめた頃
目白 花想蓉さんで帯揚げ(正絹)のさくらの絞り染めを体験させてもらいました

まずは 基本的な絞り方をおしえてもらい
真っ白な帯揚げ地を絞ります
以外と裁縫系に不器用なわたしは 四苦八苦でした

さくらの枝から煮だした液からは さくらのいい香りが漂います
しっかり絞った生地を染めていきます
b0080184_1462522.jpg

さくら色のイメージがありますが
さくらの枝からの嫡出液からは 灰色に染め上がります
灰色の帯揚げはもっていないので そのまま灰色でおねがいしました

花想蓉さんの縁側をバックに乾かしているわたしの帯揚げさん
きっと さくら色の帯やきものに合いそうだなあと
b0080184_147940.jpg

絞り染めはたのしいので
次なるリクエストをしました 
たのしみです
[PR]
by chapahana | 2007-04-13 18:00 | 和の催しevent

【着物フリマ】飯田橋ラムラ

 春からあちこちでフリーマーケットがおこなわれますね
骨董市へでかけたり フリマにでかけたり楽しい季節です
週末に着物フリマにお友だちと出店します

日時:4月14日(土)10:00〜18:00
会場:飯田橋セントラルプラザラムラ(JR飯田橋駅西口すぐ)
会場内マップ 
※雨天の場合
ブースはセントラルプラザの屋内に設営されます
b0080184_163375.jpg

着物はもちろん、帯・和装小物・古布等
また着物地・コート・バック・小物等のオリジナル和コモノなど
b0080184_184874.jpg
(オリジナル モスのグラニーバックfrom.mogmog)

着物フリマだけでなく、アーティストによるフリマも同時開催ですので
楽しくなりそうです

着物散歩によい街 神楽坂も通りを挟んですぐです
おいしいあんみつやさんもありますよ

ぜひお越しくださいませ
[PR]
by chapahana | 2007-04-13 01:10 | 和の催しevent

古衣市ふだんのきものー悠々選

 目白にはゆうどさんというギャラリーがあります
古民家的な造りのほっとするギャラリーです
 
昨夜 お友だちおすすめの笹岡洋一さんのお話をききに伺いました
明治生まれの笹岡さん
幼少の頃から 布やお人形がだいすきで変わった男児としてみられていたそうです
ながい月日を経てその興味は変わることなく
貴重な着物やお人形 昔の生活の案内人になられておられます
資料にはむかしの生活描写がわかる小説などを抜粋し
訳しつつ ご自身の体験をまじえたお話をしてくださいます
たくさんの布の見本帖も蛇腹式でかわいい
b0080184_122124.jpg

お召しになっていた羽織は江戸時代の唐桟(とうざん)
艶もある美しい縦縞です
全くわかりませんが 少し接いであるところもあるという愛着品
b0080184_121365.jpg


お話は興味深いものばかりで 明治 大正 昭和初期などの
当時の風景が知らないながらも浮かびます
『おさすり』という言葉 ご存知ですか?
わたしは初めてききました

くたびれた古い着物を 洗い張りなどをして大切に着ていく
次第に生地はうすくやわになります
でも「おさすりして着る」さするように大切に着ていくというときに使う言葉
わたしも使ってみたい 
モノを大切にもったいない精神を再認識していくべきだなあと感じました

そうそう  着物には身八つ口からのぞく襦袢や袖裏の生地 または八掛
男性なら袴の腿の口などチラっとのぞく色気、遊び心が楽しみのひとつですが
『ちらりずむ』久しぶりにききましたが
すごく素敵なことばです なんだかこれから使いそう

わたしも最近は八掛にこだわったり ちらりずむを楽しむようになりましたが
薄物の長羽織が気になるこの頃です
薄い羽織から透ける着物の色柄 これもちらりずむ かな

着物は買いませんでしたが
古裂でつくった雑巾 かわいいので台フキンにしようと思い買いました
あと ハギレは帯揚げにしようと思います
(広げたら茶葉が気持ち良さそうにのってしまいました)
b0080184_1292356.jpg

[PR]
by chapahana | 2007-04-08 12:22 | 和の催しevent

【目白バ・ロック音楽祭】2007

  目白という「場」に「ロック=尖端的」な人が集うイベントです
昨年も好評でチケットはすぐに完売してしまいました
b0080184_103349.jpg

今年はチケットをもう買いました
6月1日(金)〜24日(日)
東京カテドラル聖マリア大聖堂  自由学園明日館
目白聖公会  立教大学  聖母病院チャペル
雑司ヶ谷音楽堂  トッパンホール
など目白が誇る名建築物においての音楽祭です

今年のテーマは
「ラビリンス(迷宮)」だそう

わたしはまずは21日、自由学園明日館での
米良美一 独唱會
フランスとジャポンのうた
にいきます
b0080184_1002610.jpg

米良さんはLUNCOさんで衣装にする着物をたくさん買われたそうです
女性の着物なので 男仕立てにされるとか
美しい唄声と きものを観るのがたのしみです

東京カテドラル聖マリア大聖堂にもいきたいなあ

詳細は音楽祭HPまで
[PR]
by chapahana | 2007-03-09 10:04 | 和の催しevent

【もう一度、古裂】LUNCO目白

 古い裂(きれ)の話をされるときのらんこさんは
いきいきとされ 伝えることが与えられた役割のように語ってくださる
だから しみのついた子どもの着物も
かわいく継ぎ接ぎされた布たちに対する見方 思いが変わりました
b0080184_2136755.jpg

3月15日(木)から19日(月)
12時から19時
LUNCO目白店にて

江戸末から明治初めの裂(きれ)を中心に
江戸縮緬、刺繍裂、綸子、木綿、麻、無地の紬など
桜と草花柄をとりそろえた展示販売
桜柄の着物、帯も入荷

ごあんないをいただきました
時代を経た 柄、色をみるのもたのしみです
ぜひお散歩がてらいってみようと思います

LUNCOさんのお店からすぐのところに
花想蓉、目白庭園、明日館、ゆうどなど着物でおさんぽによいところもありますよ
[PR]
by chapahana | 2007-03-06 21:39 | 和の催しevent

【春先キモノ日和】江戸東京たてもの園

 小金井にあります 江戸東京たてもの園
だいすきです
すばらしい建築物がこちらで大切に保管されながら
訪れたわたし達を喜ばせてくれています
千と千尋の神隠しで登場した建物たちも
ここからスケッチされたようです
b0080184_15181727.gif

昨年もいきましたが
今年もあります 「春先キモノ日和」
着物の販売もあります
茶室でお点前もいただけます
寄席もあります
たくさんたくさん楽しめるし たてもの園のある小金井公園は桜の名所でも
あるので お花見も楽しめます

わたしは25日にいこうかなあって思います
子ども達は昔遊びをたのしめますよ

*会期 3月24日、25日 11〜15時30分
[PR]
by chapahana | 2007-03-05 15:20 | 和の催しevent

【秩父銘仙めぐり】企画小江戸ものがたり

 ミニコミ誌「小江戸ものがたり」編集長藤井美登利さん企画
「秩父銘仙めぐり」  
3月4日(日)
11時 西武池袋線秩父駅集合です
b0080184_841541.jpg

昭和初期のレトロな洋館「秩父銘仙館」を見学し、別冊「太陽」銘仙特集号の著者でもあり、銘仙1600枚を収集する木村和恵さんに「銘仙よもやま話」をお聞きします。その後銘仙の鑑定、なんと木村さんのコレクションンを試着させてもらう、という銘仙三昧の一日です。木村さんに見てもらいたい銘仙をぜひご持参ください。参加費千円。
ちちぶ銘仙館 http://www.meisenkan.com/
今は「銘仙館」として立派に再生された銘仙館ですが、取り壊しの危機に瀕していました。そのときに木村和恵さんと秩父の女性たちが署名活動をはじめ、また銘仙の産地であったゆえに秩父に銘仙が殆ど残っていなかったことを憂い、木村さんは全国の人に「捨ててしまうのであれば秩父に送ってほしい」と個人的に収集活動をはじめたのです。各地の骨董市でも銘仙を買い集め業者さんの間で「銘仙おばさん」と評判になったとのこと。「銘仙が高くなった原因かも。ごめんね」という木村さん。秩父、足利、八王子、伊勢崎とそれぞれの産地で特色があり、1600枚の銘仙の殆どを日替わりで着てきた木村さんは銘仙を文字通り、肌で感じてきたかたです。
産地、秩父でも忘れられていた銘仙、それを次世代につなげるため、「私は銘仙の語り部なの」と仰る木村さん。
3年前に川越織物市場の会でも講演会を企画させてもらいました。

銘仙の魅力ももちろんのこと、木村和恵さんの魅力も多くのかたに知っていただきたいと思います
b0080184_8502296.jpg

画像は2年前に開催された川越市立美術館での木村さんのコレクション展示
紅葉の着物は別冊「太陽」に掲載されています。
b0080184_8493834.jpg

***********************************
いつもすばらしい企画をしてくださる藤井さん
もちろんわたしも秩父を訪ねます
それまでに銘仙ものをなにか揃えたいです
[PR]
by chapahana | 2007-02-14 08:50 | 和の催しevent

夏もおわりの香り

 きょうは久しぶりに涼しいです
風が気持ちがいい すこし秋の香りもします

花火大会もこの週末で見納めですね
遅ればせながら 東京湾の花火大会の写真です
濱田さんのサロンでの鑑賞でしたが 広い窓は透明のキャンバス
b0080184_14573361.jpg


花火鑑賞のために買っておいた 花火の根付け
石はだいすきなムーンストーンです
b0080184_14575796.jpg


浴衣もたくさん着ました
もう今月で着納めですね 少しさびしいなあ
[PR]
by chapahana | 2006-08-26 14:58 | 和の催しevent


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧