イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



カテゴリ:お稽古okeiko( 12 )


秋の鎌倉〜香道課外授業

 都内の紅葉も急に進んだように思います
きょうは暦では木枯らしの季節到来するころになるようです
お日様がでていても、風のある日は冷たくて寒さが身にしみます

香道のお仲間とはとても仲良しなんです
いろいろな職業、年齢のかたがお集りだけど
なんだかまとまっていていいかんじです
講師の小西先生は幼い頃から大和撫子な教育を受けられ
皇族の方々ともご交流があり、才女でありますが
和菓子をこよなく愛し(著書もあります)、おちゃめさんでもあります

ふだん私たちがまわらない鎌倉を、散歩しました

まずは瑞泉寺にいきました
鎌倉にある、鎌倉期唯一の庭園は鎌倉時代を完全に伝えるよう残されています
b0080184_10331971.jpg

鎌倉石の岩盤、滝、池、中島などもつくられています
このえぐられた岩盤のなかで、小西先生はお茶会をされたこともあるとか
すごいです。。。
b0080184_10314087.jpg

ゆっくり拝見したあとは
凛林という中華料理をいただきました
すべて作り手の愛情をかんじる美味しいお料理に大満足
b0080184_1032225.jpg

このあとは、
覚園寺へいきました
こちらのお寺もすばらしく、山の上にあるのですが
静寂のなかでひっそりと、震災などにも耐え抜いた
重要文化財の仏像や植物たちにあうことができました
写経を住職さまに勧められましたが、風のある寒い日で一同手がかじかみ
「次回お願いしまーす」と失礼させていただきました

いそがしくあちこちまわるのも好きですが
ゆっくりとお寺二つほどをまわった鎌倉小旅行も
とてもよかったです

訳あって書道をやめてしまったのですが
やっぱりやりたいなあ
先生はだいすきだったのですが。。。
ほかで教えてくれないかしら

どなたかよいお教室ご存知ないですか〜
[PR]
by chapahana | 2008-11-27 10:35 | お稽古okeiko

【鼓草の会〜広島】長唄

 またずいぶんと更新に時間が経ってしまいました
娘の春休みに初めて広島へいきました

広島は新幹線でちょっと遠くにかんじました
自分のなかで京都あたりが新幹線での距離感的な感覚があるからかもしれません
子どものようです。。。
初めての広島は二泊三日の演奏会の旅です

一日目
広島へお昼頃到着して まずは本場の広島焼きをいただきました
すごく美味しい!!
わたしは生まれも育ちも東京なので お好み焼きやもんじゃ焼きはよく食べますが
広島焼きはたま〜にという程度
なんだかキャベツの青臭さと水っぽさが気になり美味しさを感じることができなくって
でも、びっくりしました
これが本当の味なんだ〜〜〜〜って(娘も同感だったようです)

さて、ホテルには向かわず 稽古場へ直行
地図を見ながら建物をみつけ 近づくと
『いや〜〜〜〜、ポン、ポン。。。♪』ときこえてきました
重いスーツケースを抱え 階段をあがり
そ〜っと 稽古をしているなかへ
b0080184_10452837.jpg

東京チームと広島チームが混ざっていますが
だれがだれだかわかりません
でも 妙に緊張感をかんじ始めました
ああ、明日なんだなあって
といっても、一曲だけなのですがね^^;
そのまま夜まで稽古場で過ごし 夕飯はみなさんと
稽古場のしたにある料理やさんでいただきました
牡蠣はフライでいただいたのですがやっぱり美味しい!
お刺身や特製太巻きも絶品だったなあ

もう長くお稽古を続けていらっしゃるすてきな年配のかたたちの
着物の着こなしは 到底真似などできません
ほんとすごく素敵なんです お酒がはいるとまた面白い。。。
なんだか緊張してしまい画像を撮らせていただき損ねてしまいました

二日目
予報通り 朝から雨
着物を着ているし濡れたくないので、タクシーで移動

わたしの着物
b0080184_1046056.jpg

*薔薇と小鳥の小紋
*ターコイズブルーの小千谷の紬帯
(銀糸のつる草模様がすてきなんです!)
*蜘蛛の巣の帯留め 銀の三分紐
*着物に合せた爪は藍に少しブルーのラメ

娘の着物
b0080184_10462973.jpg

*小与ひで先生よりいただいたかわいい絞り
*母の仕立て替した橙色の絞りの半幅帯
*豆千代さんで買った簪はすごくかわいい(見えないですね^^;)

と、画像もここまでなのはこのあとデジカメを落としてしまい
撮影不可能になってしまいました。。。涙涙涙

先生方はもちろんですがみなさんすばらしかったです
唄も演奏も息を合わせる難しさ、大切さを感じた今回の演奏会
最終日はちょうどご実家が広島のコピーライターのSさんに
宮島を案内してもらいました
ほんとうにありがとう!宮島も最高でした
市内の路面電車に感動しました
たくさん走っていて150円であちこちいけるんです
次回は時間をもう一日とってもっと路面電車に乗りたいなあって思います

娘も広島の人たちっておもしろいね
たのしかった!って言っていたので母としてもふたりで参加してみて
よかったなあと思っています

今は夏の東京での発表会「鼓草の会・浴衣会」に向けてお稽古が始まりました
本番に弱く 表舞台の苦手なわたし
先生もよーくわかったようで ひとりではなくてみんなで唄うのにしようかって
言ってくださり感謝!
8月24日(日)豊島公会堂です
みなさんお時間のご都合があいましたらいらしてくださいね
[PR]
by chapahana | 2008-04-11 10:52 | お稽古okeiko

【長唄】広島で初披露

 昨年の夏から長唄をはじめました
娘のために三味線の先生をかえたのですが
体験にいって つい「わたしも長唄をはじめます。」と言ってしまったのがはじまり

もともと三味線が弾きたかったのですが 
楽器が苦手で思うように指が動かず、でもこの世界を触れたい
そんな思いから 「つい」
先月と今月半ばまで仕事の都合でお休みももらっていたところ
わたしが不在ななか 先生と娘のあいだである話がまとまっていました

後楽園と広島に稽古場があるのですが
広島の演奏会が3月末にあり
春休みだし娘とふたりで聴きにいこう と思っていただけだったのに
せっかく広島までくるのなら一曲、という話になったそう
初舞台です

本番にめっきり弱いわたしは 本音としては遠慮したいという気持ち
でも娘だけっていうのじゃ 娘が納得いかないわけで

いっしょに唄う方たちの足をひっぱらないよう
あとひと月精進せねばなりません
すてきなおばさまやタレントさんといっしょなんですもの(更に緊張)

そして長唄を唄うものにあたえられる扇子をいただきました
ずーんとずっしり重くかんじます
3月30日広島にて着る予定の
薔薇と鳥の型染め小紋のハギレで扇子いれをつくりました
ふたにはレースの花のモチーフ
裏地はみえないけれど 千鳥の手ぬぐいです
b0080184_17211036.jpg

扇子は唄うときに
膝の上にのせて唄います
こんなに緊張屋さんのわたしですが
お稽古のあとはいつもなんともいえずいい気持ちなんです
曲は「末廣がり」1854年の曲です
[PR]
by chapahana | 2008-02-28 17:24 | お稽古okeiko

【三味線】お弾初め〜夏日

 いっしょにスタートした三味線ですが
年末年始とお稽古の時間がとれずにいます
夏日は日々上達をし お弾初めに参加しました

着物ですが
わたしがいっぱいいっぱいな生活をしてしまい
発表会が近づき あわててひっぱりだすと まったく寸法があいません!
慌てました
自分の仕事の締切りで身動きがとれずに 今日のこの1時間でさがさないといけない
という日に目白のLUNCOさんへ飛び込みました
丁度前日に催事がおわり店内には衣装ケースが山積みでした
ランコさんやスタッフのかたが これは、これは、と出してきてくださった
コーディネートがぴったり!
帯は以前ここで夏日用に買っておいたものを持参しそれに合せてもらいました
すばらしい!30分で決まりました
ありがとうございます♪
b0080184_8351113.jpg

美容院で頭をセットし
みなさんの前に暮れからお稽古をはじめて〜などとご紹介いただき
祇園小唄
桜花
2曲を演奏しました
b0080184_8354562.jpg

先生方に筋がいいと褒めて頂き
本人もやる気が増したようです

そうそうLUNCOさんにすてきなイベントのお知らせをうかがいました
これはまたあとでお知らせしたいと思います
[PR]
by chapahana | 2007-03-02 08:38 | お稽古okeiko

篆刻

 久しぶりの日記です
怒濤の日々でした
アップしたいことは溜まってしまい
ゆっくり買いていこうとおもいます

篆刻
ずーっとやりたくて
昨年 かんたんに教えてもらい
ひょうたん型のを彫りました
消しゴムはんこよりむずかしく 慣れが必要だなあって
さらに素敵な作品をつくる先生に習いたいなあと思っていました
そんなときに 兼ねてより気になっていた先生のワークショップに参加できました

手紙を封するための印
封緘印です

中国の故事から手紙にまつわるモチーフ



このモチーフを使うことにより「封」を表します
さらに「雁」のかたちを「封」のつくりにデザインしました
b0080184_2326623.jpg

かこみは紙を表しています

彫っては試し押しをし いらない部分をそぎ落とします
b0080184_23263147.jpg

愛着のある封緘印ができました
手紙の封にもつかいますが
名刺にもつかっています
b0080184_23265688.jpg

篆刻と書がたのしみのひとつになりました
[PR]
by chapahana | 2007-03-01 23:28 | お稽古okeiko

MY三味線

 巣鴨のささやさんから皮の張り替えができあがり
我が家に三味線がもどってきました

何よりもこの日を待ちわびていたのは夏日
練習がしたくてしょうがなかった様子
毎晩練習しています

わたしは というと仕事にかまけてなかなか・・・
今夜はお稽古なので 師匠を悩ませまいと
夏日に30分早起きしてもらい みてもらいました
 そう うちではわたしの姉弟子なんです 

b0080184_1065937.jpg

[PR]
by chapahana | 2006-11-21 10:08 | お稽古okeiko

【三味線はじめました】

 何年前の年賀状かな
今年の抱負というのに 三味線をはじめる と書きました
きっとその年賀状のことを覚えている人は
「え、今頃?」かもしれません。 すみません、今頃です

祖母は三味線が上手でした
弾いて 唄うのが仕事だったから
子どもの頃の写真をみると 艶やかな芸者衆にかこまれていました

ずいぶん前に いつか 祖母に教えてもらえばいいやと思っていたら
もう教えてもらうことができなくなっていました

楽器は苦手ですが
そんな祖母ののこしてくれた三味線
つかわないから張り替えても すぐ皮がやぶけてしまう
 ご近所のたい焼きやさんの つぎちゃんが教えてくれることになりました
これもご縁です 声をかけてくれたことに感謝し 体験をしてみて
今月からお稽古はじまりました
b0080184_219264.jpg

肝心の三味線はまだ張り替えから戻ってきていないので
うちでの練習がむりですが
『感覚がうすれるから帚(ほうき)でもいいからさわっていてね』 って

実は娘もいっしょに始めたのですが
覚えは格段に上です
『今日やったところ 夏ちゃんは覚えているから教えてもらってください』
はい。
まずは娘が覚えてくれるから安心かな

がんばろう
[PR]
by chapahana | 2006-11-11 21:10 | お稽古okeiko

【墨絵】入門

 3ヶ月越し(なかなか都合があわなくて)の墨絵のお教室にいきました
普段から筆は使っているので 少し甘くとらえていました
墨絵ならではの 濃い 少し濃い 淡い この段階を1本のラインでだすのに
ちょっと苦労しています

月に1回なのでのんびり慣れていこうと思います

そして道具からはいるわたしは早速、中国で仕事をしている義兄に
硯を買ってきてもらおうと先生の硯を撮ってきました
b0080184_9125755.jpgb0080184_9131184.jpg

そのまま飾りにならないよう 仕事でつかえるくらい表現できるよう
の〜んびり描いていこうとおもいます

半蔵門線の伊右衞門の広告のれん
すっかり秋です

b0080184_9133998.jpg

[PR]
by chapahana | 2006-09-26 09:15 | お稽古okeiko

【ミニ盆栽】〜清香園

 池袋から30分
埼玉県に盆栽村というところがあるのはご存知ですか

駅を降り こんなに長閑になるんだあ、と驚きました
そんな盆栽町を初めて訪れたのは今年のGW
大盆栽まつりといって主要通りにいろいろな盆栽が並べられ
りっぱなもの かわいいもの 目を楽しませてくれました

たくさんある盆栽園のなかで
ずっと気になっていた 清香園さんへ一日体験にいきました
http://www.seikouen.cc/saika/saika_index.html
b0080184_15463223.jpg


清香園さんの提案する「彩花盆栽」
日本の原風景を盆栽として表現する
とても人気でお教室はすぐに定員になり 遠方または海外からも表現したいと
生徒さんが集まるようです

今回用意された教材は
*トクサ
*風知草
*ツルソバ
*砂苔
b0080184_1547289.jpg
 

それぞれの苗の土を割り箸でざくざくし虫の卵をとってあげたり
虫除けのワイヤーはひと手間かけ 曲げたりして排水口にセット
鉢には構図を考え苗をいれ 用土も隙間なくいれるなど
今までやっていたガーデニングとは 手間がぜんぜん違います

出来上がり たっぷりとお水をあげて完成
b0080184_15475150.jpg


年間を通したメンテナンスもわかりやすく教えてくれます
2年後の植え替えをめざし
日々愛情を注いであげたいです
[PR]
by chapahana | 2006-07-14 15:53 | お稽古okeiko

【七 夕】室礼教室にて

室礼教室(shitsurai kyoushitu) 遠いむかしから現代もなお残っている季節の行事の再現と
それにまつわるお話を学ぶ教室です

今日は七月七日 (旧暦では七月三十一日が七夕です)
五節供のひとつ 星祭とも呼ばれているそうです

★お盆の前のみそぎとして
 棚機(たなはた)で布を織り神様に巫女さんがお供えする古代信仰

★ご存知、牽牛星(けんぎゅうほし)と織女星(しょくじょほし)の
 年に一度だけ会える伝説

★乞巧奠(きこうでん) 男は学問、文学の上達を願う
   女は針仕事、芸事の上達を願う                   

この★三つが習合して江戸時代より現代に伝わる年中行事となっているそうです

七夕(たなばた)とよばれるきっかけは
これらのことが、七月七日夕刻に行われていたため
七と夕をとり「七夕」になりました

もっと、奥深いお話をききながら
それぞれ意味をもつお道具、材料を用いて七夕飾りをしました

旧暦の七夕である、七月三十一日まで飾っていて良いようです
例年七日は曇っていたり、雨だったり
なかなか星空をみることはできませんが、旧暦にしたがい夜空を眺めてみると
よいかもしれません

お願いしましたか?

今年は 先週の遊香でも七夕の聞香をたのしみ
用意いただいた短冊に思いをこめさせていただきました

日本の心地よい伝統や行事にふれられて
日本の夏はいいなあとしみじみしています

先生がしつらえた七夕飾り
ちょっとまわりが賑やかすぎて良さがつたわりませんね
b0080184_13514672.jpg


これは笹以外のしつらえを自分でしたもの
五色の短冊 
七孔(しちこう)といって七本の針に糸を通すことで願いを通す意
梶の葉に願いを書き記し笹につるす
b0080184_13521464.jpg


おまけですが品川駅は仙台七夕まつりの飾りなど七夕飾りが賑やかです
b0080184_13523690.jpg


そして今日は娘 夏日の12歳の誕生日です
12年前の七夕の短冊に「早く元気にうまれますように」とお願いしました
織り姫のように手先が器用でモノを作ったり絵をかくことの好きなこです
今夜は近所の境内で夏祭り
屋台でお祝いです
[PR]
by chapahana | 2006-07-07 13:57 | お稽古okeiko


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧