「ほっ」と。キャンペーン

イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



【花形歌舞伎】

 毎月の歌舞伎鑑賞が元気の源になっています
新橋演舞場での花形歌舞伎を昼夜、通しで観てきました

昼の部
通し狂言 「伊勢音頭恋寝刃いせおんどこいのねたば」
今田万次郎(門之助)が青江下坂の名刀と折紙(鑑定書)をだまし取られる
ことから始まる序幕は、コミカルな場面が多くとにかく楽しく笑えます。
伊勢神宮の神職である、福岡貢(海老蔵)は物腰が柔らかく、品があるのだけど
キレのある役どころで見応え十分。
貢は万次郎のために尽力すると誓い、刀と折紙のゆくえを追う。
だます悪役が存在するので、だまし取る、奪い返すのスピーディな流れも見どころです。

二見ヶ浦の場では、客席から貢(海老蔵)、万次郎(門之助)が登場してきます
昼の部の席はなんと、最前列の中央だったので
このお二人がわたしの横を通り、舞台へあがっていきました。
海老蔵さん、美しいです。そして、いい匂いがするんです。
門之助さんからは香らなかったから、色男は違いますねやっぱり。

二幕目からが、この狂言の重要なところらしいです。
「油屋」の意地の悪い仲居、万野(吉弥)の企みで貢が、大勢のお客の前で
恥をかかされ、もういじめです、これは貢はそれまでのキャラとは
打って変わり、怒りが激しくなり万野とのやりとりはすごいものでした。
ここからは、とにかく美しい残酷さが見物です。
b0080184_9452570.jpg


夜の部
通し狂言「伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ」
お家騒動狂言なのですが、
乳人 政岡(菊之助)の天命をまっとうするかのような、
強く美しい女はすばらしかったです。
ここでも意地の悪い女が存在します。八汐(愛之助)です。
八汐によって目の前で、我が子をなぶり殺されてしまうのですが、
鶴千代君を守るために殺された息子を褒めたたえます。
ですが、母でもあるので、その後大きな悲しみ泣き崩れます。
観ているわたしも切なかったです。
b0080184_9455598.jpg


花形歌舞伎
海老蔵さんと、菊之助さん
今回の役どころに気持ちも入り込めますし、何より美しいということは
すばらしいなあと。。。
お二人ともご両親に感謝ですね。
[PR]
by chapahana | 2008-11-09 09:48 | 鑑賞appreciation
<< わたしの冬支度 湯たんぽ 【着物のマナーお手本帖】品よく... >>


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧