イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



仮名手本忠臣蔵「平成中村座」

 久しぶりの更新です
実は、年内にもホームページをオープンしたいと思っており
ならば、更新もお休みしよう
なんて思っていたんです

歌舞伎鑑賞あいかわらず
ハマったままで
毎月せっせと通っています
今月も歌舞伎座はこれからですが
お友だちの救済チケットのおかげで浅草での江戸時代を思わせる
平成中村座へいきました
わたしが観たのはAプロ
まず、芝居小屋がなかなかよかったです
b0080184_854137.jpg

席は、松竹梅の3種になんとお大臣席が4席ありました
お大臣席は2階の舞台真正面で
背後には屏風をはいし、ご婦人方がお膳をかこんでいました
小さな劇場になっているので、松ではなく竹席でしたがよくみえるし
雰囲気がよかったです
堪三郎さんがどうしても上演したかったという今回の「仮名手本忠臣蔵」
基本にかえるという点から、アレンジはされていないようです
だから笑いをとるような場面はなかったのですが
橋之助さんの師直、悪っぷりがみごとでしたよ〜
座ったときの年寄り感もよくでていました
仁左衞門さんは由良之助もやっぱりうまいですよね
Aプロのあとがどうしても観たくなります

来月はおなじく、平成中村座では「法界坊」が串田和美ワールドでやりますね
どうしようかなあ いこうかなあ

そう!
歌舞伎座の建て直しが正式に決まりましたね
いつなんだろうね
座席が狭いのは窮屈だけど、建物としては最高だよね
街中ふれている、おんなじようなピカピカの建物じゃ嫌だよね
などとお友だちともよく話していました
来年4月の公演が最後のようです
寂しいけど、江戸情緒のある良い劇場に生まれ変わってほしいです
日本を代表するような建造物になって欲しい
そうなると1月からの「さよなら公演」も見逃せませんね
b0080184_913645.jpg

[PR]
by chapahana | 2008-10-21 09:06 | 鑑賞appreciation
<< 【自然力ケア】カラダとココロを... すごい売れています!【足裏セル... >>


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧