イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



最高のビタミンは舞台鑑賞【阿古屋〜憑神】

 7月から休む間もなく 徹夜もしばし
さすがにくたびれたりして ため息ももれます
ふだんはため息のぶん 幸せもはかれちゃうとばかりにもらしませんのに

でも ずいぶん前から 予定にいれてある舞台鑑賞は
徹夜明けだろうがなんだろうが参ります
b0080184_0264061.jpg

歌舞伎座では秀山祭九月大歌舞伎です
夜の部を観ました
b0080184_056184.jpg

「阿古屋」
遊女を演ずるのは玉三郎さん
その姿の美しさは格別です 衣装がすばらしい(孔雀の帯、ほしい〜)
 玉三郎演ずる阿古屋は厳しい拷問をうけても全く白状をしないので
琴 三味線 二胡を演奏させられます
苦々しく ときにはふざけたみだれ弾きをするのですが
それを聴く 役人 重忠(吉右衛門)はどれも聴き入ってしまう始末
わかります 私も聴き入ってしまいました
この楽器をこれだけみごとにこなせる女形は玉三郎さんしか
いないのでしょう 観ておけて幸せでした

今宵は新橋演舞場での
「憑神」を堪能してまいりました
b0080184_048383.jpg

ほんとうにすばらしいです
原作は浅田次郎 小説は読み始めたばかりで先にこの舞台をみましたが
進め方がうまいなあって
舞台構成がおもしろく 飽きさせません
それに主演の中村橋之助さん やっぱりいい!です
歌舞伎以外の舞台で観るのは2作目ですが 動きや台詞にキレがあり
のめりこんでしまいます

お話は
幕末の江戸
下級武士の役所、橋之助さん演ずる彦四郎は、婿養子先から離縁され
妻子と離れ離れになり、実家に出戻ったけれど
兄嫁にも邪魔者扱い いいことは何もありません
そんなある日朽ちかけた祠(ほこら)に出合い
困ったときの神頼み!と、手を合わせたのがはじまり
なんと現れたのは憑神さまでした
それだけではなく、疫病神、死神と三巡していくのです
 昨今の政治家のはなしなどと重なる皮肉も感じられいつの時代も。。。って
考えさせられますが いい武士道をつらぬくまっすぐなひともいるんですよね(一安心)

ああ、もう一度みたいなあって気持ちです
でもでも、映画もDVDで見比べたいと思います

すごい栄養補給されました
さて 仕事再開!
[PR]
by chapahana | 2007-09-20 01:03 | 鑑賞appreciation
<< 【結んでつくる ふろしきバッグ】 【yoga fest 2007... >>


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧