イラストレーター花島ゆきの和テイスト生活



【秩父 銘仙めぐり】

 きゅうな春の到来
暖かすぎる土日でした
池袋から70分くらいで埼玉秩父に到着します
秩父を訪れたのは初めてです

10年前 ご自宅に残っていた1枚の銘仙からはじまった
木村和恵さん(華道家)の銘仙収集
現在1600枚以上をコレクションしていらっしゃるといいます
その一部を拝見してきました
秩父銘仙
足利銘仙
伊勢崎銘仙
それぞれ特徴があるらしく 参加者の持参したものや
着てらっしゃった銘仙のルーツを鑑定してくださいました
b0080184_859911.jpg

その時代時代を反映された柄は キッチュだけど
愛らしく 大切にされるべく代物だと感じました
b0080184_8594447.jpg

木村さんはこの銘仙をとても愛されているのをかんじられる
着こなしでした
お話はあっさりしながら 深い内容だったりと
もっと聞いていたいという気持ちにさせてくれます

着物はいかようにもかたちをかえて
包んでくれるとよく耳にします 
羽織になったり 帯になったり ねんねこになったり
布団になったり そして最後ははたきになる
すばらしい もったいない精神です

いまは欲しくて そこまで気たおせる着物はありませんが
めざすところは そこだと決めました

木村さんたちの運動により 取り壊し計画から
また新しい命をさずかった銘仙館でも
たくさんの歴史的銘仙にであえます
毎月第三土曜日には実際工場に明かりが灯り
作業をみることができます
体験もできます
b0080184_903049.jpg

秩父には重要文化財指定の建物がたくさん残っていました
昭和な匂いがだいすきです
たくさんの時代を経過した建物をみることができるのも
秩父の魅力です

小江戸ものがたり 藤井さん、コーディネイトありがとうございました
[PR]
by chapahana | 2007-03-05 09:08 | 鑑賞appreciation
<< 【春先キモノ日和】江戸東京たてもの園 【日々是好日】高月美樹さん〜金魚坂 >>


着物を普段着に。カジュアルな和っていいなあ
カテゴリ
和暦日記diary
着物 kimono
帯 obi
コモノ komono
履き物hakimono
紙もの paper
花 flower
食 food
スローダイエットslow diet
散歩osanpo
本book
お誂えorder
店*職人shop workman
お稽古okeiko
和の催しevent
鑑賞appreciation
お菓子okashi
お仕事job
リンクlink
↓【ライフログ】
こちらの本はお仕事で描かせて
いただいた素敵な本ばかりです
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧